履歴書の志望動機欄について

履歴書の志望動機欄について

履歴書は、たくさん市販されています。それぞれの履歴書は書く項目などは似ていますが、その配置、スペースなどが違っています。

自分の気に入ったものを選べばいいのですが、できたら、大事な場所が大きくとってある履歴書、つまり志望動機や職歴などが大きくスペースをとってあるものが好ましいですね。

特に転職活動の場合、履歴書でそのポジションに自分がいかにふさわしいかをPRできるのは、志望動機や職歴欄しかありません。他はほとんど決まったことを書く欄となっています。

新卒の場合は、それまでの職務履歴がほとんどないので、職務履歴のスペースの狭いものにしたほうが空欄が少なくてすむでしょう。こういった職務履歴、学歴欄が狭い履歴書は新卒者に向いているといえますね。

ところで、この志望動機、職歴の上手な書き方をすれば、書類の段階からほかの応募者と差別化を計ることができます。自分がいかにその職にふさわしいかを訴えることができるからです。

また、市販の履歴書を使わずに自分でワープロで書くという手段もあります。

字が上手な場合だったら、そのこともアピールできるので市販の履歴書に書き込んだほうがいいですが、あまりに下手な場合はワープロを駆使して、自分だけの履歴書をぜひ作ってしまってはいかがでしょうか。