履歴書・志望動機の書き方

履歴書・志望動機の書き方

■一番大事なのは、志望動機を率直に書くこと

自分の今までのキャリアを考えた上で、次のステップとしてその仕事で何をしたいのか、思ったとおりに書こう。

■熱意があれば、自分だけの言葉になるはず。

履歴書の中で、自分をアピールしたり、その人柄を伝えたりするのは志望動機欄だけだ。こういうところをありきたりの言葉で書いてしまっては、もったいない。とくに書き方というのはないが、市販の履歴書に載っているような決まりきった言葉ではなく、今までの仕事から感じていたことや夢などを交えて、自分にしか書けない志望動機を書こう。

■自分の職歴と関連付ける

転職をする方の志望動機は特に、自分のキャリアに関連付けた説明のほうが説得力がある。志望する職種が今まで経験したことがあったり関連することだったら、絶対にキャリアにこだわったほうがいい。自分の立てたキャリアプランにまさにピッタリの職種だとアピールしよう。

■仕事への熱意をアピールする

今までの実務経験にふれ、そのキャリアの経験からどんな仕事をしていきたいのか、簡単にまとめる。たとえば、営業職であれば取り扱った商品、サービスや顧客管理、営業対応などの経験を簡潔に書いて、それをどのように生かしていきたいか、発展させていきたいかをまとめる。長い文章の必要はない。履歴書には簡潔にポイントを抑えて書き、添え状にいろいろと書けばよい。