志望動機の悪い書き方とは

志望動機の悪い書き方とは

志望動機を履歴書に書きますが、書く内容にとても困るという人は、結構多いことでしょう。特に、国語が苦手とか、文章を書くのが苦手だと困りますよね。でも、そんなとき、本やインターネットなどで見つけた例文を、そのままにして履歴書の志望動機に書き写すなどということは、絶対にしてはいけませんよ。独自性がないだけでなく、人事の人には、何かを写したということがすぐに分かってしまいます。

本やインターネットのHPなどにあるような志望動機の例文は、全く一般的な支障のないものしか挙げていないので、礼儀を欠いたものにはならなくても、人間味のあるものではありません。返って、何にも考えていないかのように映ってしまいます。

意外なことに、こういう例文を、写さなくても真似しているような志望動機を書く人が結構多いんですね。書きなれない人から見ると、素晴らしい文章だと思うのでしょうか。でも、平均的な文章を書くよりも、自分だけしか書けないものを下手でもいいから書いたほうが印象はとても強くなります。

職業に応募する動機や仕事での希望を書くのが、履歴書の志望動機の欄ですが、少々表現がまとまっていなくてもいいのです。自分で本当に実感したことや体験したことを書くと、文章や言葉の選び方が違ってきますし、またリアリティがあります。自分にしか書けないことを書くのが、いちばんいいのです。

そして書いたものを、一度誰かの目で客観的に見てもらい、意味が通じるか、文章の順番がおかしくて、時間軸が理解しにくくないかなどをチェックしてもらいましょう。言葉の選び方は、その人の感性になるので、ちょっと変でも意味がわかるなら返っていいかもしれません。あまり添削を人にしてもらうのは、注意しましょう。

参考:プチダイアリー