履歴書の志望動機の考え方

履歴書の志望動機の考え方

履歴書に志望動機を書くのって、本当に大変です。それで就職や転職が決まってしまったりもすると思ったら、書き方に悩んでしまいますよね。少し志望動機の組み立て方、または書き方のヒントを紹介してみたいと思いますので、よければ参考にしてみてはいかがでしょうか。

よく希望する会社の事業内容や経歴をずらっと書いて、大変素晴らしい会社だとか、感動したなどと書いたりしても、そういう会社の事業内容などは会社側には充分わかっていることなので、あまり効果のある志望動機の書き方だとは言えないかもしれませんね。かえって、独自で考えられない人と思われてしまうかもしれません。

志望動機に書く内容というのは、会社のことや事業内容をふまえた上で、その会社で何が出来るか、何をしていきたいかというのを自分なりに書くものではないでしょうか。

たとえて具体的に書いてみれば、こういう経験をしてきたり、こういう知識がある自分には、この会社でのこれからの事業展開にこういう方法で自分の経験や知識を活用できると考えています、などというような、具体的な経験や知識のエピソードを交え、それがいかに会社に役立てられるかをアピールしたり、採用されたら会社にとってどんな利益があるかを書いたてみるのは、いいのではないでしょうか。

こういった書き方の志望動機であれば、読んだ人には積極的で自分の意志がきちんとあり、目標もきちんとあり、ビジョンのあるしっかりした人という印象が持たれると思います。自己PRがきちんとできて始めて、相手にそれを伝えることができるでしょう。採用担当が一番重視するのは、会社の役に立つ人間か、役に立つ能力や経験をもっているかどうかでしょう。