人事担当者の視線で履歴書の志望動機を見てみると

人事担当者の視線で履歴書の志望動機を見てみると

最初に人事担当者の目に触れて、重視されるのが志望動機です。けれども志望動機の書き方として、多くの人は本当に一般的な内容を書いてしまって満足しているというのが、人事担当者の意見のようです。

もう少し転職や就職にあたっての、主張やPRを感じてもいいのかなということを聞きました。「貴社に業界の将来性が感じられました。」とか「貴社のお客様主義の経営指針には、大変深く感じ入りました。」また、「以前から、この業界で就職したいと常々思っていました。」というような、履歴書と聞いて誰でも想像できる内容はなるべく書かないようにした方がいいと思われます。

履歴書を書くときには、できるだけ具体的に書くことです。例えば、その会社やその業種に将来性を感じたなら、具体的にどんな部分がそう思えるのかをやや詳細に書いてみることが必要です。

そしてどんな会社にも言えそうな一般的なことを書くのではなくて、その業種での会社のポジションや事業内容などを深く調べてから、自分でまとめて記入すると人事担当者に「ここまでアピールしてくるなんて、真剣に入社を考えているようだ」と、実感してもらえるような内容を記入した方がいいでしょう。

たとえば自分が人事担当者になったつもりで、自分の書いた志望動機を見返してみて、自分しか書けない書き方で履歴書を書いてあるか見直すといいでしょう。それから、自分が何を会社に貢献できそうかを書くことも大事です。志望動機の欄だからといって、その会社への応募理由だけを書くのはいけません。会社に入ったら自分の今までの経験がどうしたら生かせそうか、また会社がどんなメリットを得られるのかなどを書きます。

会社は、戦力として、あるいは戦力に育てられそうな人を求人しているのですから、それに応えるようなことを書くのも志望動機の書き方のいい例です。だから履歴書の志望動機が1,2行で終わってしまうことは決してありません。またその方がいいのです。あまりに長く要領を得ない志望動機はよくありませんが、短すぎるもの考え物です。

履歴書の志望動機は、あなたを売り込むための大事な項目です。もし採用してもらえるなら、こんな仕事ができるのでこんなメリットがある、ということを伝える志望動機を書けばいいのです。